子供の低身長 > 治療が必要な低身長 > 低身長の検査と治療・副作用

低身長の検査と治療・副作用

検査

検査か必要かどうかの見極め

低身長であっても検査に関しては下図のように分かれます。いまはまだ外来での検査すら必要ないもの、いますぐの検査は必要ないが、専門医に。応相談しておいたほうがよいもの、そして検査が必要なもの
です。病気が見つかる可能性が比較的高いのは、③の場合です。

どの病院に行くか

できれば小児内分泌の専門医がいる病院に行くことがお勧めです。といっても全国的に小児内分泌の専門医は少ないのが実情です。

また行く病院を決めたときは、診察日はいつか、何時まで受け付けてくれているのか、紹介状が必要かどうかなどを聞いてから出かけましょう。

持参してほしいもの

母子手帳

幼稚園と小・中学校の身長、体重の記録

のふたつですが、身長と体重の記録はおよそ何歳何か月で測定したものかをきちんと書いてきていただけると医師は助かります。

身長を評価する場合、小学校1年で○㎝、2年生で0㎝では大雑把すぎるのです。何歳何か月のとき何㎝だったか、ここがたいへん重要です。

検査はます外来ての検査

最初は外来での検査です。入院検査はこの検査の結果、精密検査が必要と判断された場合だけです。

検査の内容

成長曲線作り

まず持参してもらった身長、体重の資料から成長曲線を作り、本当の低身長か、伸びぐあいはどうか、何か問越点がないかなどを見ます。

間診

出生時に仮死があったり、黄疸が強かったりしなかったかなど生まれたときの様子、その後の発育・発達、いままでに大きな病気はなかったか、あればどんな病気か、長く使用した薬があるか、あれば何か、食欲、好き嫌いはあるかないか、頭痛がないか、便秘やおねしょはないかなどが医師から聞かれます。これは低身長の原因を探るために重要なことなので、きちんといえるようあらかじめメモして持参するとよいでしょう。

体のバランスをみる

低身長が特徴の病気の中で、軟骨無形成症やターナー症候群などは体のバランスをみることでわかることが多いので、体のバランスをみることも大切です。

左手のレントゲン検査

骨のレントゲンをとることで骨の年齢(成熟度)がわかるのですが、この年齢と実際の年齢の差によってホルモンに異常があるかどうかや、今後の身長の伸びなどを判断します。

尿検査

尿をとって、尿の中のタンパク、糖、白血球、赤血球、尿潜血などを検査します。これは糖尿病や、腎臓病などがないかを調べるためのものです。

非血液検査

血液をとって、自血球、赤血球、血小板、ヘモグロビン、コレステロール、中性脂肪、電解質、肝機能、甲状腺ホルモン、インシュリン様成長因子-I(IGF-I)などを調べます。何か慢性的な病気がないか、成長ホルモンなどが出ているかどうかなど、低身長の原因をおおまかにさぐるための検査です。血液は5~10a程度。少量ですから、小さいお子さんでも間題ありません。

検査結果

検査結果がすべて出るのはおよそ1か月後。そのときに外来での検売結果が伝えられます。

検査してみたところ、特に異常のない場合は、「病気ではありません。いまのところ治療の必要はありません。よかったですね」という話になります。

しかし、①極端に低身長である、②徐々に、あるいは極端に成長率が落ちている、③骨の年齢が極端に若い(暦年齢は7歳なのに骨年齢は4歳というような場合です)、④インシュリン様成長因子IIが低い、⑤甲状腺ホルモンの数値が異常値である、⑥その他の検査で界常がある、などの場合、必要に応じて入院検査を行います。

入院して精密検査

入院は普通は1週間くらいですが、この日数は病院によって、また行う検査によって違いがあります。

なぜ入院が必嬰なのでしょうか。

成長ホルモン分泌能力を調べる場合を例にとると、「成長ホルモンが出ているかどうかを正しく判定するため」です。成長ホルモンはいつもコンスタントに出ず、1日のうちでも変動しますから、1回の採血では必要な情報が得られません。

また、検査のときに十分に成長ホルモンが出るようにするため、成長ホルモンが盛んに分泌されるようにする薬を使います(これを負荷試験といいます)。よく使われるのは血糖を下げる働きのあるインシュリンと血圧を下げるクロニジンです。点滴で投与するアルギニンも使われます。まず刺激しない前の血液中の成長ホルモンを調べてから、薬で刺激しておいて、何回か時間をおって採血をします。

このような負荷試験は2種類行うことになっていますが、なぜ2種類するかというと、普通の人でも10回に2回くらいはこのような刺激に反応しないことがあるからです。

この2種類の検査は続けてはできませんので、日を改めて行います。そして、インシュリンの負荷テストでもクロニジンの負荷テストでも成長ホルモンの分泌が悪いとなると、成長ホルモン不足が一応疑われます。

なお、病院によっては3種類以上の検査を行うことがあります。

成長ホルモン分泌不全があるとき、同じように脳下垂体から出ている副腎皮質刺激ホルモン、性腺刺激ホルモン、甲状腺刺激ホルモンの分泌も障害されていることがありますので、通常、入院時にこれらのホルモンの検査も併せて行います。

検査は専門医でないとてきないか

一般の病院でできないことはありませんが、インシュリンやクロニジンの負荷テストで低血糖や低血圧が起こったり、けいれんなどを起こす危険も伴うので、経験豊かな専門医のもとで検査を受けることが原則です。

外来て精密検査はてきないのか

設備の関係から、また保護者の要望などで外来のみで検査をする専門病院もあります。何回も通院することにはなりますが、専門医であればきちんとケアできるはずですので心配はないでしょう。

入院検査の結果はまた1か月後

1か月後の検査結果は左下図のようにふたつに分かれます。原因が見つかったために治療を始めるものとすぐに治療する必要はないけれど、その後の経過はみていくというものです。

経過をみるのは6か月か1年に一度。身長・体重の計測と、ときに骨年齢のチェックをするだけで治療しないことが多いのですが、その間に成長率が落ちてきたり、思春期が普通より早くきたなどがあれば対応できますし、新しい情報などが伝えられるので、継続的に来てもらっています。

そのときには「背が低いのは体質で異常ではない」こと「現在の自分の体に愛着をもって生きてほしい」
などの話をしていきます。私のいっている意味を理解してくださって、「病気でなくてよかった。身長のこと以外で頑張ろう」と考えを変えていかれるようにするのが目的ですが、「こんなに低身長なのに、なぜ治療できないのか」と納得されない方も残念ながら少なくありません。

治療かてきるのは

ここで誤解がないようにお話ししておきたいのは、治療できるのは原因となる病気がある方のみだということです。

原因により治療法は異なります。成長ホルモン治療の対象となるのは成長ホルモンの分泌が悪い「成長ホルモン分泌不全性低身長症」の人です。不足している成長ホルモンを治療で補うのです。

最近では、この他に成長ホルモンは普通に分泌しているけれど、成長ホルモンの投与である程度の身長を伸ばす効果のみられる病気、病名でいうとターナー症候群、軟骨無形成症・軟骨低形成症、慢性腎不全性低身長症の3つも成長ホルモンを使うことが認められています。

甲状腺ホルモンが不足している場合(甲状腺機能低下症)は甲状腺剤の投与を、また慢性的な病気が見つかった場合はその治療を行います。

補充療法と薬理学的治療

成長ホルモンによる治療の場合、成長ホルモンの不足分だけ補うというのが補充療法。成長ホルモン分泌不全性低身長症に対する成長ホルモン投与はこれに当たります。

それに対して、ターナー症候群、軟骨無形成症・軟骨低形成症、慢性腎不全性低身長症などに対する治療では、もともと成長ホルモンの分泌は低ドしているわけではなく不足分を補うのではないので、薬理学的治療といわれます。

病気かないと治療てきない

現在のところ、かなりの低身長でも原因となる病気がないと治療はできません。。般的には検査すれば治療へとこぎつけられるのではないかという考えがかなり強いようなのですが、いまのところ、病気でなかったら治療はできないのです。

成長ホルモンをどんどん分泌する脳腫瘍ができたために、背が非常に高くなってしまう巨人症という病気があります。ですから、原因となる病気の見つからない体質的な低身長に薬理学的治療として大八mに成長ホルモンを使えば背は高くなるのではないかと思われがちです、しかし、巨人症の場合のように大量の成長ホルモンを使ったら、それこそ病気になってしまいます。普通の量かせいぜい数倍の址の成長ホルモンだけ打っても、差し当たりの伸びはよくなりますが、最終身長はあまり変わらないか、伸びたとしても数cmと思われます。かえってマイナスになるという研究報告もあるのです。このあたりは今後の課題ではありますが、むずかしい間題です。

残念ながら現在のところ、病気でない体質的な低身長の方の最終身長を確実に高くする方法はありません。

01位
お子様の成長をサポートする【カルシウムグミ】
CHECK→モンドセレクション最高金賞受賞で話題!
  • スピルリナを初めカルシウム、マグネシウム、難消化デキストリンなど成長期に必要な栄養素のバランスを考えた栄養補助ドリンクです。
    お子様の成長に不安を抱えてある方にお勧めしております。体内で構成できない必須アミノ酸9種類を全て含んでおり、セシウム分析や、食品分析もクリアして27種類のアレルギー成分も含んでおらず、国内大手工場で製造しております。
  • テレビや雑誌にもカルシウムグミをはじめ、「成長期の子供たちを応援する」活動がたくさん取り上げられています。 ママ・パパの声、お客様への想いをたっぷり詰めています。
  • そして・・・安心してご購入いただくために30日「全額返金保証!」
Point!
安心安全サプリメント認定商品。薬局や医療機関でも品質が認められています。
い ち 押 し !
お子様の成長期を応援する成長期栄養補助食品【フィジカルB】

スピルリナを初めカルシウム、マグネシウム、難消化デキストリンなど成長期に必要な栄養素のバランスを考えた栄養補助ドリンクです。 お子様の成長に不安を抱えてある方にお勧めしております。 体内で構成できない必須アミノ酸9種類を全て含んでおり、セシウム分析や、食品分析もクリアして27種類のアレルギー成分も含んでおらず、国内大手工場で製造しております。

い ち 押 し !
小食・偏食・牛乳嫌い、スポーツ好きのお子様に!成長期サプリを1,980円で。

【うちの子、周りと比べて小さいかも・・・そんな悩みに】 今、話題の成長期サプリ「ノビルン」に、あの注目成分が300mgも! ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ >>【国内製造】【無添加】【放射能検査済み】<< カルシウムの吸収を徹底研究して誕生!3:2:1の“トリプル黄金バランス配合” ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 今なら、初回1,980円≪71%OFF≫でお得に始めるチャンス! 【さらに!全国送料無料】

い ち 押 し !
【にこにこカルシウム】で、小さなお子さまのための栄養をサポート

成長の専門家たちが開発!【にこにこカルシウム】 食べやすいタブレットタイプ。美味しいイチゴ味。 小さなお子さまのための栄養をママと一緒にサポート! 安心の全額返金保証制度も。 3歳のお子さまからお召しあがり頂けます。 3年連続モンドセレクション最高金賞受賞の大人気商品【カルシウムグミ】の 品質管理チームが開発に携わり、徹底した品質管理に努めております。